いろいろな葬儀の形、ミュージシャンの葬儀

いろいろな葬儀の形、ミュージシャンの葬儀

X JAPAN hideの葬儀

1980年代後半に登場し、強烈なインパクトを残した伝説的ロックバンド「X」のメンバーhide。
 
X JAPANは当時、絶大な人気を誇りながらも、メンバーのToshIが音楽性の違いを理由に脱退を表明。バンドは1997年に一時解散となります。 Hideはバンドが解散した後も精力的に音楽活動を行っていましたが、解散翌年の1998年5月、自宅で死体となって発見されます。その状況が不自然だったため、自殺とも事故死ともいわれていますが、死の真相は謎です。
 
X JAPANは、現在のヴィジュアル系バンドの走りのような存在であり、激しい音楽スタイルも相まって、当時の若者を惹きつけました。X JAPANはヴィジュアルに目がいきがちですが、ドラムのYoshikiを中心とした高い演奏能力は注目すべきものがありました。
 
X JAPANでギターを担当していたhideは、バンドのまとめ役をこなしていたと聞きます。X JAPANはデビュー前、東京周辺のインディーズバンドの中では、その破天荒さで多くのライブハウスや居酒屋から出入り禁止にされていたそうですが、hideには何かキャプテンシーというか天性のものが備わっていたのかもしれません。
 
1998年5月2日に謎の死を遂げたhideさん。そのニュースはすぐに日本中を駆け巡りました。前日にはテレビの収録をきっちりとこなしており、その様子は後日、放送されています。マネージャーを務めていた弟の松本裕士さんは、特に変わった様子はなかったと話しています。
 
しかし、hideさんが亡くなったというニュースは、X JAPANの元メンバーや音楽仲間にも広がりました。そして熱狂的ファンにも…
 
ニュース速報では、
 
元X JAPANのギタリストhideが死亡、警視庁は自殺と断定
 
と報道されましたが、実際に彼が自殺することに疑問を呈する人々も多く、X JAPANリーダーのYoshikiもそのひとりです。遺書も何も見つかっていません。弟の松本裕士さんは後日、肩こりと偏頭痛を癒やすためのストレッチを、泥酔中に行ったために起こった事故だと主張しています。
 
しかし、hide死去のニュースは多くの人に衝撃を与えました。ロサンゼルスに滞在していたYoshikiは、知らせを聞いて日本へ戻る途中、機内でニュースを見て号泣したそうです。
 
Hideさん死去のニュースを聞き、ファンの後追い自殺が続くという悲しい現象も起こりました。その数は60人にも上り、YoshikiやX JAPAN元メンバーらが自殺を思いとどまるよう会見を開いたこともありました。
 
5月5日に、家族や親しい人たちだけでhideさんの密葬が行われました。しかし会場周辺には多くのファンが集まり、その数は数千人規模になったとも言われています。
 
よく5月6日の通夜、7日の葬儀・告別式はファンによる献花も行われました。通夜と告別式に集まったファンの数は合わせて約5万人とされ、この数は日本における有名人の葬儀史上、最多の人手として現在も記録になっています。
 
一部では将棋倒しやパニックなども起こったものの、これだけ大勢で、しかも精神的にも不安定な若者が集結した割には、それほど大きな問題にならなかったことは奇跡的かもしれません。
 
告別式はテレビでも生中継されて、X JAPANの元メンバー達、また音楽仲間が参列しました。Yoshikiは友人代表ということで弔辞を読み上げました。彼の悲しみは、その震える背中と涙声から明らかでした。
 
hideがいなかったら、今の僕はありえない
 
そしてその後、脱退したToshIがYoshikiのピアノ伴奏でヒット曲「Forever Love」を歌い、hideさんを送りました。
 
hideさんの死は、当時ファンだった若者にとって本当に衝撃的なものでした。
 
ギターを演奏する姿も、酒を飲んで大騒ぎする姿も、もう見られない
 
Hideさんは以前、親しい友人にこう語っていたそうです。
 
俺、死んだら、絶対に素顔でなんか棺桶に入りたくない。鼻に白いもの詰めるのなんか、まっぴら。ちゃんとメイクして、いちばんいい顔でいたい。遺影もいちばん派手で気にいってる写真にしてほしい 
 (A MEMORY TO HIDEより) http://www.esp.ac.jp/oshima/memories/hide/hide.htm
Hideさんは赤髪、完璧メイクで安置されていたそうです。
 
葬儀会場にはファンのほか、多くの有名ミュージシャン、メディアが集まりました。棺をのせた霊柩車を追いかけるファンなども出て、パニックになる場面もあった出棺時ですが、何かロッカーらしい葬儀だったのではないでしょうか。突然、逝ってしまったhideさんでしたが、5万を超えるファン、そして仲間や音楽関係者の気持ちがこもった葬儀だったのではないでしょうか。


東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫で葬儀・葬式

東京の僧侶派遣

お坊さん派遣 東京

お坊さん派遣 千葉

戒名・戒名授与